変態の出会い体験談 >

変態の出会い体験談

変態の出会い変態体を掲載しております!
写真

変態の出会い体験談

のページはアダルトな内容を含みます。18未満は退出してください。

変態出会い|変態が多いと言う出会いサイトで見られる事が好きな女性と会いました



【完全無料】で変態出会い
↓↓↓↓↓




私はこれまでノーマルな女性とばかりエッチをして来ましたが、それもそろそろ飽きてきたので、アブノーマルな女性とエッチをしたいと思うようになりました。
そこで私は変態が多く集まると言う出会いサイトを使って、アブノーマルな女性を見つける事にしたのです。
すると早速、人に見られる事が好きという女性を見つけたので、彼女と会ってみる事にしました。
彼女は会うなり私を直ぐにラブホテルへと誘ってくれたのです。
これはラッキーと思い、私は期待に胸躍らせました。
ラブホテルの部屋に入ると彼女は徐に裸になり、そこで見ていてほしいと頼んできたのです。
私は状況が分からず混乱してしまいましたが、直ぐに彼女はオナニーを始めました。
彼女に見ていてほしいと頼まれた私は、ただひたすら彼女のオナニーを見守るだけでした。
オナニーでイッタ彼女に聞いてみると、人に見られていると異常に興奮すると言う事だったのです。
それから彼女はビデオカメラをカバンから取り出し、ベッドのそばにセットしました。
そして私を呼びました。
今度はビデオカメラで撮影されながら、エッチをしたいと言うのです。
私はこのような経験は初めてだったので動揺しましたが、折角彼女が誘ってくれているので、彼女とエッチを始めたのです。
ビデオカメラで撮影されながらするエッチは初めてでしたが、気恥ずかしさが快感に感じました。
初めは彼女の事を変態だと思いましたが、実際に自分でやって見ると、自分にも変態の素養があるように思えました。
私は彼女と出会いを果たしてから、自分の変態性に気付き、この後も彼女の見られるエッチに付き合うようになったのです。

「30代|会社員」


【完全無料】変態だよ♪


変態出会い|妻との出会い



妻との出会い、それは出会い系サイトでした。
出会い系サイトというと、少々アブノーマルな関係を想像するかと思いますが、私は、まぁセックスフレンドの延長で、気が合えば本当に恋愛しても良いかなくらいに考えて始めたものでした。
私の投稿に、やや変態を匂わす女性のお誘いもあり、それにあやかろうと思う自分もいましたが、それらよりも、出会い系サイトにも、普通の女性が居たりするのではないかとの思いが強かったのです。自分より少々年上のブティックの店長をしている、アブノーマルな感じを匂わせる方のお誘いが強烈でしたが、それはお断りしたことを、少し勿体ないことしたかなと思ったことを覚えています。
自分は、「一緒に旅行に行きませんか?」的な投稿で、待っていたところ、今の妻から返答がありました。「旅行好きです」といった感じでした。見ず知らずの男と旅行する気になるなんて、結構軽い女性だろうなと正直思いました。メールアドレスを交換し、それから実際に会うまで、メールで会話を楽しみ、旅行のプランを練りました。最終的には旅行の宿泊先の予約まで今の妻にお願いした形です。正直にいうと、予約をお願いすることで、一緒に旅行する気持ちの裏付けが欲しかったのです。
そして、旅行の日が近づいた頃、私は「旅行したら一気に仲良くなるからね」と「関係」を持つことを強調し始めました。妻からは、「私が秘密にしていることを当ててくれたら、好きにしていいよ」とのことです。きっとかなりエロチックなことだろうと思い、私は色々考えました。フェラ好き?・アナルOK?・正常位より騎乗位好き?・口内発射OK?・飲んでくれちゃったり?・顔射OK?、本当にありとあらゆることを想像しちゃいました。
そして、待ち合わせの場所で初めて顔を合わせ、旅行が始まったのです。「私の秘密」について、色々聞き出そうと思いましたが、なかなか教えてくれませんでした。「ひょっとして、フェラ好き?」なんて聞けませんよね。そんな雰囲気の中、とりあえず観光地を巡った後、ホテルへチェックインし、夕食までの時間で、私は我慢出来ずに、体を求めちゃいました。ベルトを緩め、パンツの中へ手を入れようと思った時、「仕方ないなぁ」と妻は起き上がり、逆に私のパンツを下ろし、シャワーも浴びてない私にフェラをしたきたのです。「秘密の答えは?」、妻の答えは「フェラで濡れちゃう変態」でした。合わせて、最後は「口に出して!」と。初デート、初SEXで、口内発射でゴックンです。「私って変態でしょ?」、それが私と妻との出会いです。こんな女の子、きっと今まで淋しい思いもしてきたのだろうと、その後、真剣に交際をし、半年後に結婚しました。
嘘のようで、本当の話です。

44歳 会社員


【完全無料】変態な出会いはココ


変態出会い|電話を旦那にかけさせたくて



私は正直普通の人には無い変態的欲求を持っています。しかし今までその願望を叶えてくれる相手が見つからず、どのようにして出会いを求めるべきだろうかと考えていました。が、先日、ようやくその変態的欲求は叶えられました。それは私がとある出会い系サイトに登録した日まで遡ります。
サイトに登録した私は、紹介分のところにアブノーマルなプレイができる人、人妻や彼氏のある女性限定で捜していました。いくら多くの性癖を持った人々の集まるサイトとはいえ、さすがにそう簡単に見つけることはできませんでした。それでも根気よく粘って数日、ついに25歳の人妻とやり取りすることができました。内容を伝えたところ、最初は戸惑っていた様子でしたが、説得すること数日、ついに了承を貰いました。
待ち合わせ当日、夜の9時に彼女はやって来ました。年齢に似合わないくらい落ち着いた雰囲気の女性でしたが、逆に人妻っぽさが強調されており、私の胸は激しく高鳴りました。
そのままどちらが誘うまでもなく、ラブホテルに足は直行していました。
入室してとりあえずお互いシャワーを浴び、ベッドの上で互いの性器や身体を愛撫しました。彼女はとても感度が良く、可愛らしい声で喘ぎ声を上げました。それから締まりの良い膣内にペニスを挿入後数十分、ついにそのときはやってきました。私は彼女に、旦那に電話をかけさせました。そして簡単な会話をさせたのですが、そのあいだずっと腰を振りました。時折小さく喘ぐ彼女を見て、最高に興奮したことは言うまでもありません。電話を着る直前に大量の精液を彼女の膣内に流し込み、フィニッシュしました。
また今週末に会う予定なので、今から興奮して仕方がありません。

「31|公務員」


【完全無料】変態OK!
セフレの作り方
Copyright (c) 2014 変態の出会い体験談 All rights reserved.
▲ページの先頭へ